cafe chotto視点でおおくりする福井の観光穴場情報や
奥越、永平寺町などの催しのご案内。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
白山神社平泉寺の楽しみ



小道を下ると、
ひらけたところに出ます。



向こうに見える杉木立の奥に
南谷三千六百坊跡があります。

平泉寺はその最盛期には六千坊の僧坊があったとも
8千人の僧がいたとも言われています。
その住居の跡の一部発掘されたものを見学することができるのです。

8千人の僧侶がいる寺の規模というのはどのくらいでしょうか。
永平寺の修行僧は200人
高野山の人口は現在4000人程度(うち僧侶が1000人)と言われています。

にわかに信じがたいことですが、ひとつの大きな都市がこの山間部に存在していたのです。



小道を下ったところの右手に、その賑わいを感じられる場所があります。



小道の脇のお堂。

近くで見るとなかなかに素敵な意匠。
さりげなく南天が植えられているのも素敵です。


そのお堂のさらに奥に
こんなおっきな岩があります!



といっても大きさは写真では分からないと思います^^;
鳥居自体が優に人の背丈を越しています。


巨石って近くでみると圧倒的でそれだけで感動します。
ぜひ間近でご覧になってください。

この岩は、噴火で飛んできたような岩というより
切り出された格好をしていて人工的。


この岩は「謀反岩」という伝承があるみたいです。
飛鳥井宝光院と波多野玉泉坊という二人の兄弟の僧が
石運びの技術を競い合ったもののようです。
のちに宝光院が玉泉坊を滅ぼすに至り、この岩は
「謀反岩」と命名されたのだそうです。

岩運びというと、力自慢のことのように捉えられるかもしれません。
たくさんの人足を使ってのことでしょうから、
権勢自慢という趣もあったかもしれません。

これだけの岩を運ぶのにどれほどの人足が必要だったのでしょう。

またさらに、
平安〜鎌倉時代に庭造りの心得がまとめられた
日本の庭造りのバイブルといわれる「作庭記」では
まず「石をたてん事」と冒頭にあり
庭にどんな岩をどんな位置に置くかということが肝心要でした。

境内に優れた岩を置くということは
非常に重要性が高く、ステイタスなことであったのかもしれません。


さて
南谷三千六百坊跡地へ向かいます!


素敵な木を目印に・・・




ちょっと歩きます。



ソフトクリーム屋さんに「熊出ますか?」とうかがったら
「むしろカモシカがよく聞きます」と仰ってました。

カモシカなら会ってみたいですね^^

でも熊も怖いので、鈴なんかを鳴らしながら行くといいと思います。



この看板が目印です!





ここから長く、石畳が続きます。
ここで発掘された石畳の規模は国内最大級のものと言われます。


司馬遼太郎さん、白洲正子さんがいらっしゃった当時は
まだこの僧坊跡は発掘されておらず
六千坊ということも伝承としてのみ認識されていました。

この石畳をご覧になられていたら
どんな感想をお持ちになったでしょうか。



お二人の本を読んでいてchotto店主が感じるのは

この石組みの技術は穴太衆(あのうしゅう)のものではないかということ。


「穴太の黒鍬」とも言うそうですが
滋賀の坂本あたりの人たちは、石組みを得意としたそうで
戦国時代の末期にお城の土塁が石垣になっていたときなど
穴太の技術者の需要がおおいにあがったと、
司馬遼太郎さんの「街道をゆく 湖西のみち」にあります。


当時の石組技術を坂本の黒鍬者が一手に引き受けていたのなら
それ以前の時代にこれだけの規模で石畳を作ったのも
坂本の人たちではないのかと思うのです。

坂本には比叡山延暦寺があり、平泉寺は平安時代には延暦寺の末寺となりましたから
技術者の行き来はあっただろうと推測されます。


前述のとおり、この鳥居の恰好も坂本にある日吉神社との共通性が言われていますし



勝山市の野向町には、平野さんという古いおうちがあるのですが
野向町史の「高尾の息吹」によると
昔は比良野と名乗り、元は佐々木信照采女正を祖とし、
1571年に近江国比良城から家臣50騎とともに野向町に落ち延びてきたのだそうです。

近江の佐々木氏一族といえば、源平合戦にも登場する大変歴史の古い豪族です。
比良城というと
大津市に比良という地名がありますし
湖東のほうに比良山もあり
そのどちらかに由する豪族でしょう。



1571年は織田信長による比叡山焼き討ちの年。
焼き討ちを逃れて来たのでしょう。
行き来の多かった平泉寺のある勝山を頼って来たのではないでしょうか。

焼き討ちのときに越前への道を守っていたのが羽柴秀吉でしたが
秀吉は母方が日吉神社の係累で
焼き討ちから逃れる人を少し目こぼししていたことが
白洲正子さんの「近江山河抄」などで書かれています。



またさらに、野向町竜谷の野津又地区では
佐々木長勝氏が蓮如上人に帰依し、長勝寺にて一向宗の布教活動をしていました。
長勝氏は佐々木高綱の末裔。
佐々木高綱は源平合戦の中の宇治川の戦いで、梶原影季と先陣争いをしたことでとても有名です。
やはり近江佐々木氏の一族ですので
比良野家は長勝氏を頼ったのかもしれません。

比良野家の裏手には高尾山がありますが
高尾山には佐々木長勝氏が野津又城を築いて、一揆勢として柴田義宣と戦いました。
この戦いを支援したものとも考えられます。


当時の勝山は、今の市街地には街はなく、
加賀からの道が繋がっている荒土町や野津又のあたりが街として栄えていました。
長勝氏や比良野氏はこのあたりの街を近江佐々木氏の新たな拠点としようとしていたのかもしれません。
また、滋賀には門徒が多くいましたので
黒鍬者や近江商人なども多く移住していたのかもしれません。



これは店主の勝手な想像なのですが
店主は近江商人の考え方に大いに惹かれるところがありますので
滋賀と勝山が繋がっていることが大変うれしいのです。





さて、さきほどの看板を右に折れますと
このように石畳と僧坊跡の石垣が続きます。



これをさらにまっすぐ行くと

若宮神社の大杉を見ることができます!


周りの杉の木と比べていただくと分かりやすいのですが
大変大きな木です・・・。




大変な迫力!ちょっと怖いです!!

店主がこの木を初めて見たのは20年ほど前ですが
以降、あちこちで様々な巨木を見ましたが
これほど情感に切迫してくるような雰囲気の木は
なかったと思います。


この木は440年ほど前の一向一揆による焼き討ちを見守った木なのだそうです。
そのための迫力でしょうか。

少し歩きますが、こちらの大杉は皆様も必ずご覧になってください。



谷の下の女神川から霧が立ち込めてきました。

これはやばい!
霧にまかれる!

そそくさと退散しました(-▽-;)




まだ続きます!




 
白山神社平泉寺の楽しみ

平泉寺は知られていないようでいて
白洲正子さんの「かくれ里」や
司馬遼太郎さんの「街道をゆく 越前の諸道」で紹介されていたりもして
知っている人は知っています。


平泉寺関連本は、cafe chottoに置いてますので



よろしければ、chottoに立ち寄られてゆっくり目を通されてから
平泉寺行かれるというのもいいかもしれません。








中世の頃は、越前を通った旅人は、せっかくここまで来たなら
平泉寺に寄りたいな〜とそわそわしてしまうような
かなり熱めのスポットだったそうです。
武士にとっては戦勝祈願の思いを馳せる守り神でもあったとどこかで読みました。



精進坂。

こんな苔苔(コケコケ)した滑りやすそうな階段をずっと歩くことになりますので
足元はしっかりめの靴をお履き下さい。

ヒールとか滑りやすい皮靴はいけません。




さあ、鳥居をくぐります!
昔はここに仁王門があったそうです。

振り返るとこんな感じ




あちこちコケコケしてます。


鳥居をくぐるとすぐ左手に社務所があります。



お守りや白山神社史などをもとめることができ、
お庭も拝観できます。

司馬遼太郎さんはこちらの社務所について
「鎌倉時代の武家の館を想像する手がかり」として
吉野蔵王堂の吉水院と並んで挙げていらっしゃいます。

そしてこちらで拝観できるお庭を
「木漏れ日の庭」と仰っています。



社務所の縁台に頭部のないお地蔵様。お賽銭を入れてご挨拶します。
おそらくは廃仏毀釈のときのものだと思うのですがどうでしょう。





室町時代からの古いお庭。旧玄成院庭園。享録元年(1528)細川高国作庭の伝。




細川高国は室町幕府第11代将軍足利義高時代に管領として実権を握った権力者でしたが、
1527年に京を追われて朝倉氏を頼っていますので
福井に来ることもあったのかもしれません。
1528年となると高国44歳の作です。
「絵にうつし 岩をつくりし 海山を のちの世までも 目かれずや見ん」
48歳辞世の句ですが、作庭を愛した人だったことがうかがわれます。

北畠氏館跡庭園(三重県)、興聖寺旧香燐寺庭園(滋賀県)などの作庭も。



蛇足ですが、この高国のおとうさんが細川政元で
小泉八雲の「怪談」の中の、「青柳ものがたり」に登場します。

能登の畠山氏の若者が京にのぼる途中、福井に立ち寄り
仮宿した家の娘を気に入り京に連れていきます。
しかし当時の権力者政元の許可もなく嫁取りしてしまったことにうろたえて
歌をのこして駆け落ちしようとしますが、政元がこの歌に感じ入り
二人の婚姻を許可します。
が、娘は実は柳の精で、木が伐り倒されたときに姿を消した・・という
室町時代の幽玄を感じるお話です。

福井のどこの娘さんということは出てこないのですが

実際の政元は修験道に没頭して子を作らなかったということで(高国は養子)

もしかすると、平泉寺とご縁のあった方なのではないかしらなんて思ってしまいます。







夏椿の大木がありました。
時期を計って行かれるのもいいのではないかと思います。

参道に戻ります。






緑が清々しい参道です。

行く手左にちろっと見える標識

左に行くと御手洗池。
平泉ともいい、平泉寺の名のもとになっているとのこと。


この日は雨のせいか、池がなかなかに神秘的な深緑色を醸していました。



この池の中の影向石に白山の神様が現れたそうです。






雨乞いのお祭りのときはこのご神木に神饌をそなえ
御祈祷して、影向石の下に安置している十一面の神鏡を
本殿に遷座して、池を掃除するんだそうです。

以前、東大寺の二月堂に東西南北四面の鏡を置いてるのを見ましたが・・
十一面の神鏡なんて、すごいですね!
白山の神様が十一面観世音だからでしょうか。




御手洗の清水。



参道に戻ります。



「山王鳥居というのか、日吉神社と同じように、真中が山形になっているのは
山岳信仰を現しているのだろう」と白洲正子さんは書かれています。

鳥居の向こうに、光って見えるのは拝殿です。江戸時代末期のもの。




最盛期の拝殿は間口81m、奥行13mの大きさで
「三十三間拝殿」と呼ばれていました。

たとえば
現在の奈良の大仏殿は、幅が57m
創建当時86mということですので

平泉寺の規模がお分かりいただけると思います。
平泉寺は想像力を広げてゆくところに楽しみがあるのです。








おそらくはこの拝殿前の苔のじゅうたんの上すべてが
往時は拝殿だったのでしょう。


司馬先生は、広い境内全体が冬ぶとんを敷き詰めたようにぶあつい苔で
京都の苔寺の苔など笑止のほどだとか
ぜんたいの色調が唐三彩のようだと
とても褒めてくださっています。








拝殿のうしろの、ちょっと厳しめの階段を上ると本殿があります。




白山の神様に参拝のご挨拶をしましょう。



江戸時代の大変豪壮な建築です。

普通の神社参拝は本殿にお参りして、社務所でお守りを買っておしまいですが
平泉寺はここでおしまいではありませんのでご注意ください。
(たいがいの観光客の方が、ここで帰られてしまうのを拝見します!)





本殿から右にゆくと、三之宮へむかう鳥居があります。
三之宮は安産の神様でもあるそうですので
奥さんが妊娠された方はぜひぜひご参拝ください。

三之宮のお社の下には、楠正成公を弔う石塔もあります。



鳥居の脇に、石が積まれているのは
太平記ファンの方が正成公を偲ばれているのでしょうか。






一向一揆の焼き討ちによるものか
廃仏毀釈のせいか
破損した石仏がところどころ並んで
平泉寺の長い長い歴史を感じます。



三之宮がみえてきました。


本殿からこちらまで、
それほど距離はありません。

このお社の後ろから、白山の頂きへと禅定道が続いてゆきます。





正成公の公墓塔

平泉寺には正成公の甥がいて(恵秀律師)
正成公が亡くなった折に夢を見て建立したのだそうです。


平泉寺の拝殿・本殿は江戸時代の新しいものですが
中世の古いものが7つ残っているんだそうで
この石塔はそのひとつだそうです。


さて、ここで折り返します。



杉木立の中に中世の気分がそのまんま残っているようです。




拝殿脇まで戻りました。

まだ終わりではありません。

ここで左に曲がるとこんな小道が続いています。






境内の散策はここまで。

次は境内の外を巡ります!



に続く!!



 
白山神社平泉寺の楽しみ

雨の多い季節ですね。

雨・・やだな・・って思われるかもしれませんが

福井には雨期だからこそ楽しめる観光スポットもありますね^^



苔の美しさが京都の西芳寺と並び讃えられる白山神社平泉寺
今が見ごろです。雨の翌日の晴れの日なんかいいんじゃないでしょうか。





平泉寺には子供の頃から折々訪れています。
店主の生まれて初めての親へのおねだりが「平泉寺に行きたい」でした。
初恋の人、源義経が来たことがあるって義経記という本に書いてあったのです。
うわー!大変だー!!とドキドキして
ぷるぷるに震えながらおねだりしました。
それから30年ほどのおつきあいになります。

地元の永平寺も素敵ですが、平泉寺もたまりません。
そんなわけでchotto視点で、平泉寺をご案内したいと思います<(_ _)>



平泉寺はその鳥居をくぐる前に様々な罠が仕掛けられています。
うっかりすると、案外時間を食ってしまって、本殿にたどり着けないことになりますので
その辺りからご案内したいと思います。



第1のトラップ



ソフトクリーム屋さん!
ミルキーでおいしくって絶対食べちゃいます・笑


おばちゃんなので、ミニサイズ200円で事足ります。

しかしここはただのソフトクリーム屋さんではありません。
スタッフさんに平泉寺のことを色々質問すると
すごくお詳しい!!

この方はボランティア・ガイドもされてるそうで
なるほどお詳しいわけです!


ボランティアガイドは
勝山市観光協会さんで申し込めるそうです。
http://www.net-katsuyama.jp/docs/volunteer/


平泉寺は事前に予習・準備しておくほど
楽しい史跡。
ガイドさんお願いすることを是非オススメします。


そして、第2のトラップ。



泉屋さん

一見、おそば屋さんとかお土産屋さんに見えるんですが
中に入ると・・



このカゴ!
びっくりするぐらい豊富で、しかもお安いのです。
カゴ好きの方は必見です。


そして


古道具と骨董も♪♪♪

これがまた品数豊富でしかもやっぱりお手頃です!!
ちょっと古びた感じのお茶碗とか蕎麦猪口が普段使い用に欲しいなって方にはゼヒ。
こういう、そこそこそろってていい感じで、そこそこ安いお店って
案外都会にはないんですよね。


chottoもカゴ数点と、古道具を数点買ってしまいました。
怖いですねーーーー。このちゃぶ台も夢のようなお値段でした〜\(^o^)/








可愛い・・うっとり・・・



ワゴンセールにも後ろ髪をひかれつつ
なんとかトラップ2を脱出します。
(ここを出るのに最低1時間はかかるでしょう)



次、

トラップ3

昨年だったか新しくできた「白山平泉寺歴史探遊館 まほろば」


この日はちょうど水曜で休館日だったので、入れませんでした(>_<)

楽しみにしてるのに、まだ入ったことがないんです・・・。

平泉寺は分かりにくい部分があるので、
「まほろば」で予習されたほうが楽しみやすくなると思います。


「まほろば」のお向かいには、トラップ4の「そば処 まつや」。





勝山の方にお蕎麦屋さんを教えてもらうとこの「まつや」さんも
名前をうかがいます。
客席から森が見えて素敵です!


店主の計算では、トラップ1〜3で2〜3時間かかってしまいますので
午前9時スタートして、お昼をここでいただくというのもいいと思います!


トラップ5 おみやげ屋さんの「白山亭」さん



こちらも最近リニューアルされて
chottoは以前のほうが好きでしたが

何年も前ですが、ふいにこちらを訪れて
まさかの、越前焼のい〜いお皿や花瓶があって
また茶碗虫(お腹に常住しているお皿が欲しくなる虫)が騒ぎ出して
たくさん買ってしまったイタイ思い出があります・・(-▽-;)

大変お気に入りで今でも大事に使ってますが・・(-▽-;)

オーナーさんも面白い方で、つい引き込まれてしまいます!





こうして平泉寺に至るには5つの罠を越えていかなければなりません。大変・・・。
時間は大目に見て行ってください。


ワープしてもいいのですが
平泉寺を楽しむための隠しアイテムがゲットできません。



ではいよいよ、本丸へ!行きましょう!!



ばっちり雨!しとしとです!!




△紡海!!