cafe chotto視点でおおくりする福井の観光穴場情報や
奥越、永平寺町などの催しのご案内。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハピリンにお能を見に行きませんか!? | main | cafe chotto お能ツアー「松平春嶽公記念能 昭君」 >>
鯖江の誠市

 

11月第2週の日曜日。

 

朝ぼらけの福井平野を車で走って・・・

 

 

 

 

 

鯖江の誠市に行ってきました\(^o^)/

 

西山公園近く、鯖江市商工会議所のおとなりにある

誠照寺さんで毎月第2日曜日に開催されている骨董市!

 

 

最近鯖江の方に教えていただいたのです。

 

東寺や四天王寺の骨董市は行ったことあったのですが

福井で骨董市が開催されているということを

お恥ずかしながら知らなかった店主^^;

 

大好きな

古道具屋さんや骨董屋さん、骨董市の類いは

出かけた先、旅先などでも出くわすと必ず覗いちゃいます!

いわゆる、ひやかしですね^^;

 

 

 

そんなわけで知ったからには矢も楯もたまらず、早速福井平野を朝駆け!

 

誠市は朝6時〜14時で開かれているそうですが

さすがに6時につくのは無理で、7時頃到着しました^^;

 

 

 

すごく立派な大きなお寺で

 

 

広い境内に、お店がこんなにずらり!

 

可愛い小物もいっぱい・・見ているだけで楽しくなります^^

 

 

ご当地グルメもいただけます。

 

 

朝ごはんに、シシ汁いただきました。

 

朝ごはん食べに行くだけでも楽しいですよね!

 

ただふんわり見て歩くだけでも楽しい骨董市ですが

事前にこんな本を読んで行くのもオススメです。

 

cafe chottoに置いている本&販売中の本ですが・・

 

 

骨董市の楽しみ方が紹介されていたり

 

 

古いものとの付き合い方や

古いものの魅力が紹介されていたりします。

特に「わがまま骨董」の菊池信義さんは

モノの素材感や形へのフェティズムがすごくって勉強になります!

 

 

 

 

こちらは白洲正子さんの「夕顔」から。

白洲正子さんが幼いころからご縁のあった法隆寺の寺院内で

装飾に使われていたという金鈴をネックレスに仕立てられたお話が載っています。

 

本来の使われ方とはまた違う使い方をするのも骨董の楽しみ方のひとつ。

 

そのときそのとき出会ったモノ

雰囲気になんとなく惹きつけられるモノ

これは何に使われていたのだろう?

私はこれを何に使うだろう?

私の部屋に似合うかな?なんて考えながら、

そのモノとにらめっこして対話して・・・

 

こっちのお店にはどんな出会いがあるかなと

あっちのお店に後ろ髪を引かれながら

うろうろ さ迷って

たくさんの出会いに刺激を受けるのが楽しい骨董市!

 

お店の方と値段交渉しながら、おしゃべりするのも楽しみです^^

 

店主はこんなものを買いました。

 

お店に置く用に欲しかった桶

適度に重さと高さがあって、口が細くて花の活けやすそうな花瓶

大好きな根来塗りのもの・・

もっとたくさんほしいものがあったのですが・・・

 

使い過ぎないようにあまりお金を持たずに行きました!!

 

 

早速、桶には庭の効くと青竜もみじを活けました〜。

 

これから活けるために摘んできた菊を

そのまんま玄関に置いたままにしている風が田舎ぽくていいかなと。

 

 

誠市、

「私も知らんかったわ〜!」という皆さま、

ぜひぜひ、お出かけください\(^o^)/

 

 

※降雪期の1月2月はお休みだそうなのでご注意ください。